栄養士ママが実践する、やさしい離乳食入門

離乳食。赤ちゃんが初めて口にするものですから、心をこめて作ってあげたいですよね。でも今ひとつ作り方がわからない…。そんなあなたに、栄養士ママが離乳食の基本と楽しさを伝授します。

乳アレルギーは栄養不足が心配!必要な栄養と補える食材とは?

乳アレルギーがあると牛乳どころか乳製品も口にすることが難しいので、どうしてもカルシウム等の成長に欠かせない栄養が不足しているんじゃないかと心配になりますよね。そんなあなたに、この記事では乳アレルギーがあっても食べられる、必要な栄養が補えるオススメ食材をご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

離乳食中期の進め方。量や硬さは?食べていいものダメなもの。

離乳食初期から離乳食中期へのステップアップする時、どういう風に移行していけばいいのか悩みますよね。そこで今回は、離乳食中期の進め方について量や硬さ、食べられる食材やまだたべさせてはいけない食材を中心に詳しく解説していきたいと思います。ぜひ参考にしてみてくださいね。

離乳食後期の進め方。量や硬さは?食べられない食材は?

離乳食後期では、今までよりも歯ごたえを意識して噛む練習をしたり、自分で食べたい気持ちを育てる「手づかみ食べ」なども取り入れていく時期になります。そこで今回は、離乳食後期の進め方について、量や硬さ、食べられない食材を中心に詳しく説明していきます。ぜひ、離乳食を進めていくための参考にしてくださいね。

離乳食完了期の量や硬さは?大人と同じものを食べるときの注意点

離乳食を進めてきた赤ちゃんも、1歳を迎える頃には離乳食完了期を迎えます。 でも離乳食完了期といっても、まだ大人と全く同じものが食べられるわけではありません。今回は、離乳食完了期の進め方について、量や硬さを中心についての説明と、大人と同じ食事から取り分ける時の注意点についてもご紹介します。

まぎらわしい!乳アレルギーの食品表示、OKなものとNGなもの!

アレルギーがある人にとって、安心して毎日の食事を摂るには食品の成分表示のチェックは欠かせませんよね。実は乳と書いてあっても乳アレルギーには関係がない成分があるのを知っていますか?この記事でもう一度、乳アレルギーの食品表示のOK成分とNG成分をおさらいしましょう。

卵アレルギーのなんちゃってオムライス。私が実践する簡単レシピ4選

子供から大人まで大人気の卵料理といえば、なんと言ってもオムライス!でも残念な事に、卵アレルギーがあれば当然食べられません。「卵アレルギーがあるからオムライスなんて無理だよ」と思ったあなた!この記事では、卵アレルギーがない家族も「これ本当に卵使ってないの!?」と驚いた、実践レシピをご紹介します。

哺乳瓶みたいに消毒は必要?離乳食スプーン、みんなどうしてる?

生後5~6ヵ月を過ぎると、離乳食をスタートさせる方も多いと思いますが、「哺乳瓶と同じように離乳食のスプーンや食器って消毒したほうがいいのかな?」という疑問がわいてきませんか?そこで今回は、離乳食のスプーンや食器の消毒について詳しく説明します。ぜひ参考にしてくださいね。

離乳食を噛まない赤ちゃん!栄養士ママおすすめの対策3つ

離乳食を開始して、カミカミ期やパクパク期に入って噛むことを覚えていく時期なのに、赤ちゃんがいつまでも離乳食を噛まずに丸呑みしてしまう、ということはありあませんか?そこで今回は、赤ちゃんが離乳食を噛まずに飲み込んでしまう原因や、その対策についてご紹介いたします。ぜひ参考にしてくださいね。

食物アレルギーに取り組む大手食品メーカーと対応食品をご紹介!

あなたは普段購入しているアレルギー対応食品を販売している大手食品メーカーさん達が、アレルギーに対してどのように取り組んでいるか知っていますか?この記事では、誰でも知っている大手メーカーの食物アレルギーに対する真剣な取り組みと、メーカーごとの食物アレルギー対応食品をたくさんご紹介します!

離乳食を始める月齢は遅くても大丈夫?メリット・デメリットをご紹介

一般的な離乳食の開始時期は「生後5~6ヶ月」と言われていますが、「離乳食の開始時期は生後5~6ヶ月より遅くても良いのかな?」と疑問に思ったことはありませんか?この記事では、離乳食を始める月齢は遅くても大丈夫なのかどうか、メリットとデメリットを比較して、ご紹介していきます。是非、参考にしてくださいね。