アレルギー対応メニューがあるレジャー施設はココ!東京・埼玉編

もうすぐ大型連休がやってきますね〜。
連休と言えばレジャー!行き先を決める時ってとってもワクワクしますよね。

でも食物アレルギーを持つ子がいる場合、行き先を決める時に気になるのが食事じゃありませんか?
何も調べずに行ってもアレルギー対応のメニューがなければ、アレっ子はご飯が食べられないし、毎回お弁当を作って行くのは荷物も増えて結構大変。しかも暑い日なら傷みやすいのも心配です。

私にも卵・小麦・乳のアレルギーを持つ子供がいるので、レジャー先でアレルギー対応のレストランを隅々まで調べて目が痛くなったり、お弁当を作って行く時は人数分用意するので休日でも早起き。

しかもアレっ子はまだ小さいので、支度も私がやらなくてはいけなくて、出発前に疲れちゃってます。

この記事では、お出かけとなるといつもより忙しくなってしまうアレっ子ママのために、アレルギー対応メニューがあるレジャー施設を東京と埼玉に絞ってまとめました。
ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

アレルギー対応メニューがある、東京都のレジャー施設をご紹介!

東京といえば、子供が楽しめるレジャー施設がたくさんありますよね!
その中でもアレルギー対応のメニューがある、人気レジャー施設を4つご紹介します!

サンリオピューロランド

サンリオピューロランド
〒206-8588 東京都多摩市落合1丁目31

多摩モノレールの多摩センター駅近くにある、サンリオキャラクターテーマパーク。
ピンクを基調とした可愛らしい女の子向けの施設なので、テーマパークと言っても激しいアトラクションはありません。サンリオキャラクターが好きな女の子には癒やしの空間ですね。

その中のキャラクターフードコートに、

  • お子様カレー ¥680

が販売されています。

ピューロランドらしく可愛いキティ型のご飯に星形のポテトがトッピングされているので、シンプルになりがちなアレルギー対応メニューも周りの子たちと同じように見て楽しい、食べて美味しいカレーになっています。

よみうりランド

よみうりランド
〒206-8725 東京都稲城市矢野口4015−1

小田急小田急線の読売ランド前駅からバスで10分。京王相模原線の京王よみうりランド駅からバスで5分。
そしてレジャー施設では珍しい、ゴンドラに乗って5〜10分でも行けるんです!
なかなかゴンドラに乗る機会はないので、お子様連れなら特に楽しめそうですよね。

東ゲートから近いグッジョバ!!エリア内にある、ファミレスのロイヤルホストを経営するロイヤルグループ直営のグッジョバ!!KITCHENがあります。ここでは、

  • 低アレルゲンおこさまカレー ¥650

が販売されています。

レジャー施設の低アレルゲンのカレーは「カレーだけ!」って感じの商品が多いのですが、ここではカレーの他にもフライドポテト・タコさんウインナー・ブロッコリーとトマト・たっぷりのコーンがセットになっているので、1プレートでも色んな味が楽しめますよ。

よみうりランド内の、
・グッジョバ!!KITCHEN ・Good day ・ラピシーヌ には、アレルゲン表があります。
KU-DON ・味噌衛門 には、原材料表が用意されています。

アレルゲン表も嬉しいですが、原材料表があれば意外と食べられる物があったりするので助かりますね!

キッザニア東京

キッザニア東京
〒135-0061
東京都江東区豊洲2丁目4−9 アーバンドック ららぽーと豊洲 ノースポート3階

アーバンドッグららぽー豊洲のノースコート3Fにある子供の職業体験施設で、体験できるお仕事はなんと100種類!
職業体験がメインなので入場料が必要ですが、中でお食事が出来ますよ。

中にあるフードコートで7品目不使用のメニューは、

  • シャウエッセン
    シャウエッセン(3本入り) ¥300
  • モスバーガー
    低アレルゲンバーガー(ポーク) ¥330  低アレルゲンドッグ(ポーク) ¥330
    ※両方共ドリンクセットの場合は¥540
  • RF1
    わんぱくセット(唐揚げ・ポテト・わかめご飯のセットで、わかめご飯のみ27品目不使用) ¥650
    おさつスティック¥259
    香ばしクリスピーのミックスサラダ(ドレッシング無し) お値段は不明

があります。

子供が大好きなシャウエッセンとモスバーガーがあるのは、アレっ子には最高ですね!
あ、甘いものが食べたくなったらRF1のおさつスティックを買いに行きましょう!

京王遊びの森HUGHUG

京王遊びの森 HUGHUG
〒191-0042 東京都日野市程久保3丁目36−30

京王電鉄・多摩都市モノレールの多摩動物公園駅近くにある2階建ての遊び場で、おもちゃや遊具は全て木で作られています。

施設の中は、知育スペース・体育スペース・木育スペースの3つがあるので、屋内でも元気に遊びたい子、ゆっくりあそびたい子・小さなお子さんも一緒に遊べますよ。

スポンサーリンク

HUGHUGの2階にハグハグカフェがあり、

  • キッズ低アレルゲンカレー ¥550

が販売されています。

フロアの半分がカフェなので結構大きいですが、休日には混雑することもあります。
そんな時はEPARKのサイトを使えば、レストランの順番待ち予約が可能なので、「満席で入れない!」なんて心配はありませんよ。

アレルギー対応メニューがある埼玉県のレジャー施設をご紹介!

東京のお隣に位置する埼玉県は、大きくて1日じゅう遊べるレジャー施設があります。
都心からもアクセスが良い、アレルギー対応メニューがある人気レジャー施設を、2つご紹介します!

東武動物公園

ハイブリッド・レジャーランド 東武動物公園
〒345-0831 埼玉県南埼玉郡宮代町須賀110

東武線(スカイツリーラインか日光線)の東武動物公園駅からバスで5分。歩いて10分と意外と近い場所にある、かなり大きなレジャー施設です。
中には遊園地・動物園があり、夏になるとプールの営業も始まるので、休日はかなりの人で賑わっています。

私も1度行ったことがありますが、子供はバギーに乗せた状態で歩いても苦ではない距離でした。
とても大きなレジャー施設ですが、確認できたのは、

  • 西園レストラン&ショップ フラワーポット アレルギー対応のお子様カレー ¥450

のみでした。

動物園内西ゲートから入ってわくわくストリートとほのぼのストリートの間にある、園内で一番大きいレストランなので見つけやすいですよ。

むさしの村

緑の中のファミリーランド むさしの村
〒347-0042 埼玉県加須市志多見1700−1

東武伊勢崎線の加須駅から無料送迎バスで行けるレジャー施設で、遊園地エリア・ファームエリア・ふれあいエリア・赤ちゃんも安心して遊べるファミリー館・キャラクターショーエリアがあります。

ここではアレルギー対応メニューとはちょっと違いますが、7品目不使用のメニューをご紹介します。

  • ぽけっと売店 キャラメルポップコーン
  • ぴくにっく売店 フライドポテト

どちらもメイン料理ではありませんが、小腹が空いた時には調度いいですね。
しかもポップコーンは塩味以外乳製品が使われていることが多いのですが、このポップコーンなら7品目不使用なので安心です。

まとめ

いかがでしたか?
どこのレジャー施設も、「低アレルゲンメニューと言ったらカレー」なのが少し残念ですね。

でもレジャーに行くなら荷物は出来るだけ少なくしたいですし、みんなと同じようにご飯が食べられるのはありがたいです。
子供が1日いても飽きないレジャー施設ばかりなので、休日のお出かけを計画する時はぜひ参考にしてくださいね。

 

スポンサーリンク