哺乳瓶みたいに消毒は必要?離乳食スプーン、みんなどうしてる?

赤ちゃんの成長って本当に早いですよね。
生後5~6ヵ月を過ぎると、離乳食をスタートさせる方も多いのではないでしょうか。

今までミルクだけだった我が子に食べる喜びを教えてあげたいと、ママも色々気合が入っちゃいますよね。
離乳食の調理グッズを新たに購入したり、楽しい食事作りのためにかわいい食器やスプーンを揃えるのも楽しいですね。

だけど、そんなときふと、

「離乳食のスプーンや食器って消毒したほうがいいのかな?」

という疑問がわいてきませんか?

そうですよね。
特に今までミルクだった場合などは、毎日こまめに哺乳瓶を消毒していたのでそう思いますよね。
離乳食のスプーンや食器も消毒したほうが安全なのか、かわいい我が子のためにも、きちんと理解しておきたいですよね。

そこで今回は、離乳食のスプーンや食器の消毒について詳しくご説明させていただきますよ。
これを読んで、ママの疑問や不安をスッキリ解消しましょうね♪

スポンサーリンク

先輩ママはどうしてた?離乳食スプーンや食器の消毒について

さて、離乳食のスプーンや食器は消毒したほうがいいのかという疑問ですが、はたして本当に消毒は必要なのでしょうか?

離乳食がスタートする生後56ヵ月頃の赤ちゃんは、周りの色々なことに興味を持ち始める時期です。
そんな身の回りの興味のあるものを何でも口に入れてみたり舐めたりして、感触を確かめる行動をとるようになります。

これは、この時期独特の行動なのですが、それと同時に雑菌への抵抗力も備わってくる時期でもあります。

このように、離乳食をスタートさせる時期の赤ちゃんは免疫力や抵抗力が向上してきているので、離乳食のスプーンや食器の消毒に、それほど神経質になる必要はないと考えられています。

ただし、小さな赤ちゃんは当然のことながら大人のような体力はありませんので、一度食中毒や細菌に感染した場合は重症化してしまうことも少なくありません。
特に、生肉や生魚を調理した包丁やまな板の扱いには注意が必要です。よく洗って熱湯消毒やアルコール消毒をする習慣をつけましょう。

また、離乳食のスプーンや食器はきれいに洗って乾燥させて清潔を保ち、雑菌を寄せつけないよう気をつけましょう。

 

では、実際先輩ママたちは離乳食のスプーンや食器の扱いをどうしていたのでしょうか?
いくつか先輩ママたちの声を集めてみましたよ。

  • まな板だけ赤ちゃん用に、別に用意していました。
    包丁や食器類は使い終わった後に、熱湯をザーっとまわしかけていました。
  • 最初は熱湯消毒をしていたけど、だんだん何もしなくなりました。
  • 哺乳瓶の消毒に使っていたミルトンで、浸け置き消毒していました。
  • 食器洗いのスポンジだけ、家族のものとは別に分けていました。
  • 特に何も気にせず、全部同じものを使っています。

いかがですか?
目安として知っておくといいですね。

離乳食スプーンや食器の洗い方

では、離乳食のスプーンや食器について、消毒は必ずしも必要ではないけど、きれいに洗って清潔に保つようにしましょうとご説明しましたね。
ここでは、離乳食のスプーンや食器の洗い方のポイントについて説明していきます。

使ったスプーンや食器はすぐに洗う

食事の後の片付けって、億劫ですよね。
でも汚れた食器を放置するのは雑菌が繁殖する原因になりますので、食後は速やかに洗い物をする習慣を身につけましょう。

スポンジは赤ちゃん専用のものを用意する

生ものやアレルギーの原因となりやすい食材が触れたスポンジで、赤ちゃんの食器を洗うのは避けたいところ。
赤ちゃん専用のスポンジを用意すると安心です。

神経質になりすぎる必要はありませんが、最初の1カ月を目安に徐々に大人と同じにしていくといいでしょう。

洗剤は家族のものと同じで大丈夫

赤ちゃんの食器を洗う洗剤については、家族で特に分ける必要はありません。

心配なら赤ちゃん用の低刺激な洗剤も販売していますので使うと良いですが、大切なのはしっかり洗って、しっかりすすぐということです。
きちんと洗い流すことができていれば、どちらでも問題ありません。

スポンサーリンク

しっかり乾かしてから保管しましょう

きちんと洗浄しても、水滴が残ったままだとそれが雑菌の温床になりかねません。
スプーンや食器を洗い終わったら、よく乾燥させてから風通しのよい場所へ保管しましょう。

調理器具によっては洗浄を念入りに

離乳食を作るために、おろし金やミキサーを使うこともあると思います。
これらはパーツが細かいため、食材が残りやすく洗い残しの原因に。形状に合わせてたわしやブラシをつかって丁寧に洗いましょう。

まな板の消毒は定期的に行いましょう

どんなに食器を清潔にしていても、調理に使うまな板が汚れていては意味がありません。
まな板は包丁による細かい傷が多数あるため、雑菌が繁殖しやすいです。定期的に消毒を行い、清潔を保つようにしましょう。

特に肉や魚を切ったあとはよく洗い、その都度熱湯をかけておくと安心です。肉・魚用、野菜用など用途に合わせてまな板を使い分けるのもいいですね。

まとめ

いかがでしたか?
離乳食のスプーンや食器の消毒については、清潔に保つことに注意すれば、神経質になりすぎる必要はないということでしたね。

毎日の家事や育児に加えて離乳食づくりも始まって、ママは大忙しだと思います。あまり神経質になってしまっては、ママの負担が大きくなるばかりです。

今は大変でも、振り返ってみるとあっという間に終わってしまう離乳食づくりを、ぜひ楽しんでくださいね。

 

スポンサーリンク