七草粥は赤ちゃんも大丈夫?離乳食で食べさせるときの注意点!

こんにちは!栄養士ママのきいママです。

お正月気分も落ち着いてくると、「明日は七草粥にしようか~」と話しているおうちもあるのでは。
そんな時に気になるのが、赤ちゃんも七草粥を食べてもいいのかどうか。大人と一緒に食べてもらえると、ママも助かりますよね。

そこで、この記事では離乳食中の赤ちゃんに七草粥はOKなのかどうかをまとめました。
離乳食の進み具合別に作り方のポイントもご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

七草でアレルギーや消化不良にならない?気になるママ必見

七草粥は1月7日の朝に食べる7つの野菜が入ったお粥です。邪気払いと万病を除くといわれていますが、最近はあまり食べないというおうちも多くなっています。

でも、お正月にはスーパーで七草セットが売られているので、ちょっと作ってみようかなというママもいるのでは?私もその一人です~。

赤ちゃんが普段からおかゆを食べているのであれば、七草粥も問題なさそうですが、入っている七草が一体何なのか分からないと心配ですよね。まずは七草粥に使われる、「春の七草」をみていきましょう。

check!

春の七草…基本的にはこの時期に生えている草です。
せり、なずな(ぺんぺん草)、ごぎょう、はこべら(ハコベ)すずな(カブ)、すずしろ(ダイコン)ほとけのざ

すずながカブで、すずしろがダイコンということに驚く人も多いかもしれません。確かに草じゃないですもんね(笑)それ以外は1月~2月頃に採れる野草です。今だと生えている場所も限られるので、なかなか採ってくるのは難しいです。

赤ちゃんに食べさせるときに心配なのは、アレルギーや消化不良ですよね。

春の七草は離乳食が順調に進んで入れば、それほど心配する必要はありません。ただ、クセが強いものもあるので、赤ちゃんが嫌がることも。また、「ごぎょう」は繊維質が固く食べづらいので、うまく飲み込めず吐き出してしまう可能性があります。

七草粥の本来の目的はお正月の料理やお酒で疲れた胃腸を休めることです。

赤ちゃんが一緒に食べるのであれば、無理に春の七草を使わなくてもかまいません。「なずな」や「ほとけのざ」はクセが強めなので、ほうれん草や小松菜などで代用してあげてもいいですね。大人が食べることよりも、赤ちゃんが食べられるもの優先で作ると取り分けできるので楽ですよ。

▼こちらの記事もおすすめです

離乳食の進み具合別・七草粥の作り方ポイント!

ここからは、赤ちゃんでも食べやすい七草粥のポイントをご紹介します。

これさえ押さえておけば、赤ちゃんも一緒に七草粥が食べられますよ。離乳食の時期によって違ってきますので、一緒にチェックしていきましょう。大人でも美味しく食べられる方法もあるので、普通の七草粥は苦手というパパママもぜひ作ってみてください。

ゴックン期

七草ではなく、食べたことのある野菜での代用がおすすめ。野菜を柔らかくなるまでゆでてすりつぶす。ダイコンやカブも、柔らかくゆでて潰しておく。その後、野菜とおかゆと混ぜる。味付けはしない。

モグモグ期

葉物は柔らかくゆでて細かく刻む。ダイコンやカブも食べやすいように潰して、おかゆと混ぜる。昆布だしやカツオだしを加えることで風味がアップ。

カミカミ期

野菜類は茹でて細かく切り、おかゆと混ぜる。だしやしょうゆで風味づけをすると食べやすくなる。アレルギーがない場合はとき卵を入れるとまろやかなに。卵を入れた後しっかり火を通して。

スポンサーリンク

パクパク期

基本的に大人とおなじものでOK。中華だしで味を整えると、赤ちゃんも大人も食べやすくなる。鶏肉や魚をプラスするとタンパク質が取れるので、栄養バランスアップ。風味も良くなる。

ゴックン期やモグモグ期の場合のおかゆの硬さは、普段食べているものに合わせてあげてくださいね。

うちの子供たちもこのお正月に七草粥デビューの予定。パクパク期に入った息子がいるので、鶏肉を入れた中華だしの七草粥にしようかな~。と考え中です。

▼こちらの記事もおすすめです

まとめ

七草粥に入っているもので、アレルギーが起こりやすいものはありません。

でも、他にアレルギーを持っていたり、体調など心配な場合は食べ慣れた野菜で代用してあげてくださいね。本来の目的は、お正月で疲れた胃を休めること。パパママも春の七草を食べないといけないわけではありません。

今年の七草粥は、家族みんなが一緒に食べられることを1番に考えて作ってみてはいかかでしょうか?

スポンサーリンク