離乳食スタートの目安を体重で判断する方法。

赤ちゃんの成長って、とっても早いですよね。首も座って、母乳やミルクも上手に飲めるようになってきたら、そろそろ気になるのが、離乳食を始めるタイミングではないでしょうか。

育児書や保健センターなどで、一般的な離乳食の開始時期などは知ってはいるものの、まわりの子と比べてからだが小さかったり、成長がゆっくりだったりすると、同じようなスタートでいいのか不安になったりしませんか?

わかります。特に初めての赤ちゃんだと、心配になりますよね。

そこで今回は、離乳食スタートの目安について詳しくご紹介いたします。ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

離乳食スタートに体重の目安はあるのか?

離乳食をスタートさせる時期は、いつ頃からが適切なのでしょうか。厚生労働省の「授乳・離乳支援ガイド」では、生後56ヶ月とされていますが、「うちの子は、まわりと比べて体が小さめなんだけど、同じように生後56ヵ月からのスタートでいいのかな?」と不安に思うママも中にはいるのではないでしょうか。

一般的に言われている目安と、自分の子供が当てはまるのか、心配になりますよね。

「授乳・離乳支援ガイド」に記されている56ヵ月とは、あくまでも目安で、実際には赤ちゃんからの離乳食開始のサインがあるかどうかが大切なんです。

そのサインが多く見られるのが、生後56ヵ月頃だということなんですね。そのサインとは赤ちゃんに以下のような様子がみられることをいいます。

  • 首がしっかりすわっていて支えると安定して座れる
  • 生活リズムが整ってきた
  • 大人が食事をしていると口をモグモグさせる
  • よだれの量が増えてきた
  • スプーンを口に入れても下で押し返さない

これらのサインが見られると、そろそろ離乳食をスタートさせて良い頃だと言えます。

つまり、離乳食のスタート時期の目安は、月齢や体重よりも、赤ちゃんに上記のようなサインが見られるかが、大切なポイントとなってくるのです。

▼こちらの記事もおすすめです

離乳食がスタートできる時期、そのころの赤ちゃんの様子

では、離乳食がスタートできるサインについて、それぞれの赤ちゃんの様子を詳しく見ていきましょう。

首がしっかりすわっていて支えると安定して座れる

離乳食をしっかり噛んで飲み込むためには、寝転がったままではいけません。赤ちゃんの上半身がきちんと起き上がっていられることが大切です。

そのため、赤ちゃんの首がしっかりすわり、自分でからだを起こしていられるようになれば、離乳食スタートできる時期だと言えます。

生活リズムが整ってきた

離乳食は、ある程度決まった時間に決まった回数を食べることが望ましいです。

そのため、「寝る・起きる・授乳する」などの生活リズムが1日を通して一定になってくることも、離乳食スタートのポイントとなります。

大人が食事をしていると口をモグモグさせる

赤ちゃんがママの食事している姿や口元をじーっと見ていたり、同じように口をモグモグさせたりしていれば、食べ物や食べることに興味をもっているサインとなり、離乳食スタートの目安となります。

よだれの量が増えてきた

赤ちゃんは舌やあごがよく動くようになると唾液が増えてきます。成長と共に口を閉じたり、飲み込んだり出来るようになりますが、まだ上手く飲み込みないこの時期は口から唾液が溢れてきます。これがよだれですよね。

よだれの中には、でんぷんを分解して消化しやすくする酵素が含まれており、また、口の中に菌をつきにくくするという自浄作用もあります。

なので、このよだれが増え始めた時期がそろそろ離乳食をスタートさせてよいころだと言えます。

スポンサーリンク

スプーンを口に入れても下で押し返さない

口に入ったものを舌で押し返すという行為は「哺乳反射」と言って赤ちゃんが母乳を飲むために、もともと持っている反射行動です。

この「哺乳反射」がなくなってきたということは、赤ちゃんが離乳食を受け入れる準備を始めたというサインなんです。

▼こちらの記事もおすすめです

まとめ

いかがでしたか?

今回は赤ちゃんの離乳食スタートの目安について詳しくご紹介させていただきました。赤ちゃんは、顔や性格がそれぞれ違うように、成長の過程だって赤ちゃんによって様々です。

一般的に言われている月齢や体重による離乳食のスタート時期はあくまでも目安です。一番大切なのは、毎日赤ちゃんを見ているママが、今回ご紹介したような赤ちゃのサインを見逃さない事です。

ぜひ今回の記事を参考にしていただいて、赤ちゃんの様子をみながら、焦らずゆっくりと、そして何より赤ちゃんと一緒に楽しんで、離乳食をスタートさせてくださいね!

 

スポンサーリンク