困った!離乳食初期の赤ちゃんがごはんを食べない3つの原因

こんにちは!栄養士ママのきいママです。ついに離乳食が始まりましたね。進み具合はどうですか?この時期は、おかゆを嫌がったり、野菜を嫌がったり、そもそも離乳食を食べてくれないなど、様々な悩みが出てくるころです。

私も、娘が育児書通りに食べてくれないと「なんで~」と頭をかかえていました。本には離乳食の進め方がたくさん載っているけど、食べない時はどうしたらいいのかも教えてほしいですよね。

健診で相談しても、「大丈夫大丈夫!体重は増えてますから。」で終わってしまったことも…。

赤ちゃんが離乳食を食べないのには、いくつかの理由が考えられます。この記事では、その理由と解決方法をご紹介しますので、参考にしてくださいね。 

スポンサーリンク

赤ちゃんが離乳食を食べない!考えられる原因3つ

離乳食を食べてくれないと、「栄養は足りるのかな?」と心配になるママも多いのでは?

でも赤ちゃんは、この時期の栄養の9割以上を母乳やミルクから取っています。なので、離乳食を食べなくても成長に影響がでることはありません。こう聞くと、ちょっと安心しますよね。では、ここからは食べない原因を一緒に考えていきましょう。

お腹がすいていない

初期はお昼前の授乳を1回離乳食に置き換えます。前の授乳から時間があいていないと、お腹がすいていないのであまり食べないという可能性があります。

前の授乳からしっかり間隔をあけるようにしてみてください。あと、身体をたくさん動かしてお腹をすかせてあげることも大事です。

 スプーンの感触が嫌

赤ちゃんによって、スプーンの好き嫌いがあることも。プラスチックやメラミン、シリコン、木、シルバーなどの素材、もしくはすくう部分の大きさの合う合わないなど。

家では全然食べなかったけど、実家へ帰省したときに違うスプーンで食べさせると、一気に食べるようになった!と話すママもいました。

 時期が早すぎる

お腹を空かせて、スプーンも変えて挑戦しても食べない!というときは、そもそも離乳食開始の時期が早かったという場合もあります。食べ物への興味がでてくるまで、1~2週間待ってあげると解決することも。

この時期に無理に食べさせると、食べることが嫌になってしまうので、一度お休みしてみてもいいかもしれません。 

▼こちらの記事もおすすめです

ミルクや母乳の方がいい赤ちゃん 離乳食はどうやって進める?

離乳食を食べてくれるようにとママが頑張って色々な対策をしても、「私はおっぱいの方がいいの!」という赤ちゃんもいます。これはもう仕方ないんです。(笑)

特に5、6ヵ月頃の赤ちゃんにとって、授乳はママの愛情を感じることができ、安心にも繋がります。お腹が空いているときに、いきなり「今回はミルクは無いです!ご飯を食べてください!」と言われたら、怒る赤ちゃんがいるのも分かりますよね。 

どうしてもミルクや母乳が欲しい子には、先に少しだけ授乳をしてから食べさせてもいいですよ。その分食欲は落ちますが、最初にもお伝えした通り離乳食は「食べる練習」です。少しでも食べてくれるのであれば、その方がいいんです。 

他の方法としては、おかゆに少しミルクを混ぜると喜んで食べてくれる場合があります。

うちの娘が離乳食をはじめたのは5ヵ月頃でした。はじめは、興味をもって食べようとしていたのですが、3週目くらいから「ブー」っとおかゆを吹き出すように。

何日かおかゆを食べない日が続いたので、ミルク粥を試してみると、それはもう食べる食べる!それからは、おかゆを食べない時はミルク粥にすることにしました。

スポンサーリンク

バナナを入れてみたりかぼちゃやさつまいもを入れてみたり。ほうれん草もそのままだとあまり好きではないようでしたが、ミルク粥に入れると喜んで食べてくれましたよ。 

食べられるものが増えてくると、自然にミルク粥を卒業しました。だしや野菜スープなどが使えるようになると、娘はそっちの方が気に入ったようです。おかゆを食べない場合は試してみてくださいね。 

▼こちらの記事もおすすめです

まとめ

離乳食は食べる練習。母乳やミルクをしっかり飲めていれば、栄養は取れているので心配しないで。なかなか進まなくても、いずれは食べるようになります。無理せず赤ちゃんのペースに合わせてくださいね。

あとは食べることは楽しいことだと教えてあげることも大切です。パパやママと一緒に食べたり、声をかけて楽しい雰囲気を作ることで、きっと食べてくれるようになりますよ。

 

スポンサーリンク