これを見れば大丈夫!生後5ヶ月の赤ちゃん、初めての離乳食の進め方

お子さんが生後5ヶ月になり、いよいよ離乳食が始まりますね。
初めての離乳食にとまどっていませんか?

「どのように進めたら良いのか分からない」「どんな食材が食べられるの?」と、疑問に思っているあなた。
初めの1ヶ月の献立スケジュールや、食べられる食材、食べられない食材をご紹介していきますよ。

スポンサーリンク

生後5ヶ月の赤ちゃんの離乳食。1ヶ月の献立スケジュール

生後5ヶ月は、「離乳食初期の前半」になります。
ご飯を食べる練習、初めての食材に慣れることを意識して進めていきましょう。

1~7日目(1週目)

消化が良く、アレルギーの心配が少ない「10倍粥」からスタートします。
ペースト状の10倍粥を小さじ1から食べ始めて、3〜4日かけて小さじ3まで増やすのが目安です。

8~14日目(2週目)

慣れてきたら、「野菜」や「果物」のペーストを1品プラスします。
初めて食べさせる食材は小さじ1から食べ始めて、2日間ほどかけて慣らしていきましょう。
このとき、10倍粥はお子さんのペースに合わせて量を増やしてあげましょう。目安としては、小さじ5〜6程度の量です。

15~21日目(3週目)

野菜や果物にも慣れてきたら、豆腐や白身魚といった「タンパク質」を加えていきます。
タンパク質も、野菜や果物と同じように、初めて食べる食材は小さじ1から始めて、2日間ほどかけて慣らしてくださいね。

1品目に10倍粥、2品目に野菜・果物・タンパク質の3つのうちいずれかひとつを選んで2品目のメニューとして進めていきましょう。

22日目以降(4週目以降)

ペースト状の「うどん」が、食べられる時期です。
野菜や果物、タンパク質にも慣れてきたので、食材同士を少しずつ混ぜて食べることができます。
初めて食べさせる食材は、単品に慣れてからにしましょうね。

▼こちらの記事もおすすめです

生後5ヶ月の赤ちゃんの離乳食。食べられる食材と食べられない食材

離乳食を始めたばかりの生後5ヶ月のお子さんには、胃の消化に良い食材がメインとなってきます。
食べ方と合わせてご紹介していきます。

炭水化物

  • 米…10倍粥
  • うどん…ペースト状
  • そうめん…ペースト状
  • じゃがいも…ペースト状
  • さつまいも…ペースト状

タンパク質

  • 卵…黄身のみ、ペースト状
  • プレーンヨーグルト…そのまま
  • 枝豆…薄皮を剥いて、ペースト状
  • とうふ…加熱後、ペースト状
  • ひらめ…ペースト状
  • かれい…ペースト状
  • たら…ペースト状
  • たい…ペースト状
  • しらす干し…ペースト状

ビタミン、ミネラル

  • にんじん…ペースト状
  • だいこん…ペースト状
  • かぶ…ペースト状
  • トマト…皮と種を取り除いて、ペースト状
  • とうもろこし…裏ごしして薄皮を取り除いて、ペースト状
  • かぼちゃ…裏ごしして、ペースト状
  • ほうれん草…葉先のみ、ペースト状
  • 小松菜…葉先のみ、ペースト状
  • 白菜…葉先のみ、ペースト状
  • キャベツ…葉先のみ、ペースト状
  • ブロッコリー…穂先のみ、ペースト状
  • 玉ねぎ…ペースト状
  • りんご…ペースト状
  • バナナ…ペースト状
  • スイカ…ペースト状
  • メロン…ペースト状
  • 梨…ペースト状
  • 桃…ペースト状
  • いちご…裏ごしして、ペースト状
  • みかん…薄皮を剥いて、ペースト状

調味料

  • 片栗粉…とろみづけとして

食べられない食材

食べられる食材以外の食材は、もう少し離乳食に慣れてきてから食べられるようになります。
基本的に脂っこいものや、胃の消化に悪いものは、食べられない食材だと覚えておきましょう。
離乳食が進むにつれて、だんだんと食べられるようになるので安心してくださいね。

▼こちらの記事もおすすめです

まとめ

いかがだったでしょうか?
1ヶ月の献立スケジュールがあれば、初めての離乳食も安心して乗り越えることが出来ますよね。
食べられる食材、食べられない食材を覚えておくことで、今後の離乳食にも役立つこと間違いなしです。

是非、参考にしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク