離乳食の時期の分け方一覧!赤ちゃんの様子や気を付けるポイントまとめ

離乳食は、母乳やミルクで栄養をとってきた赤ちゃんが、ママやパパと同じような食事をするための練習期間です。
約1年間をかけて食べることを練習していくのですが、離乳食を進めていくにあたって基準となるのが「離乳食の時期」です。

「今、うちの子はどの時期に当てはまるんだろう?」、「時期によって、気を付けたほうが良いことってなんだろう?」、そんな疑問を持っているあなたに!
気になる疑問をどんどん解決していきますよ。

スポンサーリンク

うちの子は今どんな時期?離乳食の時期の分け方

離乳食の時期は、下記の4つに分けることが出来ます。

  • 離乳食初期 (ゴックン期)
  • 離乳食中期 (モグモグ期)
  • 離乳食後期 (カミカミ期)
  • 離乳食完了期(パクパク期)

離乳食初期(ゴックン期)は、「生後5~6ヶ月頃」、離乳食中期(モグモグ期)は、「生後7~8ヶ月頃」、離乳食後期(カミカミ期)は、「生後9~11ヶ月頃」、離乳食完了期(パクパク期)は、「生後12~18ヶ月頃」とされています。

生後5か月頃から離乳食を始めた場合なので、各家庭で多少のズレが生じる場合があります。離乳食を始めた月齢から計算してみてくださいね。

時期別!赤ちゃんの様子と離乳食のポイント~初期編~

時期:離乳食初期(ゴックン期)
月齢:生後5~6ヶ月頃

赤ちゃんの様子

  • ママやパパが食事をしている様子に興味を持ち出す。
  • 首や腰がしっかりしてくる。(支えればおすわりが出来る。)
  • 夜泣きが始まる。
  • 夜中の授乳が増える。
  • 口を良く動かすようになる。

離乳食のポイント

  • 日中の授乳間隔が3~4時間になると、離乳食がスタートしやすくなります。
  • 午前の授乳タイムのうち1回を、離乳食に置き換えてみましょう。
  • お米を中心とした炭水化物、苦みの少ない野菜が中心となります。
  • 食べる量は、小さじ1~始めて、慣れてきたら量や品数を増やしていきます。
  • 離乳食をスタートしてから1ヶ月がたったら、1日に2回の離乳食を始めます。
  • 母乳は欲しがるだけあげて大丈夫です。
  • ミルクは、1日5~6回程度にしましょう。1日で1000~1400mlが目安となります。

離乳食と母乳・ミルクの割合

前半:離乳食10%、母乳・ミルク90%
後半:離乳食20%、母乳・ミルク80%

▼こちらの記事もおすすめです

時期別!赤ちゃんの様子と離乳食のポイント~中期編~

時期:離乳食中期(モグモグ期)
月齢:生後7~8ヶ月頃

赤ちゃんの様子

  • ひとりで座れるようになる。
  • つかまり立ち、ズリバイ、ハイハイをするようになる。
  • 両手で物が持てるようになる。
  • 歯が生え始める。
  • 「まんまん」「ぱっぱ」といった喃語や、言葉の真似をし始める。
  • 色んなものを触りたがる。

離乳食のポイント

  • 離乳食を上手に飲み込めるようになってきます。
  • 午前と午後で、1日2回食を習慣化していきましょう。
  • タンパク質を増やして、栄養バランスを意識します。
  • 1回の品数は、2~3品ほどが目安となります。
  • 離乳食を食べた後でも、母乳はあげて大丈夫です。
  • ミルクは、1日5回程度にしましょう。1日で1000~1200mlが目安となります。

離乳食と母乳・ミルクの割合

前半:離乳食30%、母乳・ミルク70%
後半:離乳食40%、母乳・ミルク60%

時期別!赤ちゃんの様子と離乳食のポイント~後期編~

時期:離乳食後期(カミカミ期)
月齢:生後9~11ヶ月頃

赤ちゃんの様子

  • ママやパパへの後追いが始まる。
  • 伝い歩きし始める。
  • リズム遊びや絵本に興味を示す。
  • 「まんま」など、はっきりとした言葉に聞こえてくる。
  • 手や指が器用になってくる。
  • 手づかみ食べをする。
  • 「バイバイ」など、簡単な仕草が出来る。

離乳食のポイント

  • 1日3回食にしていきます。
  • お肉も食べられるようになり、少量の調味料も使えます。
  • 離乳食が増える分、母乳やミルクを飲む量が減っていきます。
  • 3回食のリズムに慣れてきたら、大人の食事時間と同じにしましょう。
  • 3回目の離乳食は、19時前に食べ終えることが理想です。
  • 1回の品数は、3~4品ほどが目安です。
  • 母乳の場合は1日5~8回程度、ミルクの場合は1日4~5回程度にしましょう。1日で400~1000mlが目安となります。

離乳食と母乳・ミルクの割合

前半:離乳食60%、母乳・ミルク40%
後半:離乳食70%、母乳・ミルク30%

スポンサーリンク

時期別!赤ちゃんの様子と離乳食のポイント~完了期編~

時期:離乳食完了期(パクパク期)
月齢:生後12~18ヶ月頃

赤ちゃんの様子

  • 歩き始める。
  • 意味のある言葉を話すようになる。
  • 自己主張をするようになる。
  • 奥歯が生え始める。
  • 積み木、ボール、お絵描きで遊べる。
  • なんでも自分でやりたがるようになる。

離乳食のポイント

  • 1日3回の離乳食が中心の生活になります。
  • 大人の食事から「取り分け」が出来ます。
  • 卒乳をしたら、3回食に加えて、1日1~2回の補食をプラスしましょう。
  • 補食の量や回数は、お子さんに合わせてくださいね。
  • 1回の品数は、3~4品ほどが目安です。
  • 卒乳したら、牛乳を1日200~300mlを目安に飲ませてあげましょう。

離乳食と母乳・ミルクの割合

前半:離乳食75%、母乳・ミルク25%
後半:離乳食80%、母乳・ミルク20%

▼こちらの記事もおすすめです

まとめ

いかがだったでしょうか?
離乳食の時期によって、お子さんの様子も離乳食の進め方も異なります。
時期や月齢を基準にしながら、お子さんの発達具合に合わせて離乳食を進めていきましょう。

是非、参考にしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク