乳歯の歯磨きはいつから始める?虫歯を作らせない磨き方ポイント!

「ついに我が子にも歯が生えてきた!」目に見えてわかる成長は、とっても喜ばしいことですよね。

それと同時に「歯磨きっていつから始めるんだろう?」と疑問に思っていませんか?そんなあなたに、乳歯の歯磨きはいつから始めるのか教えちゃいます!

せっかくのキレイな乳歯が虫歯にならないためにも、歯磨き粉や磨き方のポイント、歯ブラシの選び方もご紹介していきますよ。

スポンサーリンク

赤ちゃんの歯磨きはいつから?歯磨き粉は?磨きかたのポイント

赤ちゃんの歯磨きは、いつから?

一般的に、歯磨きを始めるのは「乳歯が生え始めたら」です。

乳歯が生え始めるのは、生後6ヶ月頃からといわれています。もちろん個人差があるので、生後6ヶ月よりも前に生えてくる赤ちゃんや、生えてくるのが遅い赤ちゃんもいますよ。

生後6ヶ月頃から1歳頃までは、母乳やミルク、離乳食しか食べることがないので、口の中の汚れは唾液だけで十分きれいになるとされています。ですが、「口の中に食べ物以外のものを入れて何かをすることに慣れる」習慣付けと考えておきましょう。

赤ちゃんでも歯磨き粉は必要?

歯磨き粉は、「フッ素入り」の歯磨き粉を使いましょう。

フッ素は、歯を強くするのと同時に初期の虫歯を修復する効果があります。

歯磨き粉を使うのは、口の中に溜めた水をブクブクして、吐き出せるようになってからでも遅くありませんが、歯磨き粉を使う場合は、0~2歳頃の赤ちゃんだと23mm程度のほんの少しの量で十分に磨くことができますよ。

磨き方のポイントは?

「自分磨き」と「仕上げ磨き」の2パターンに分けて歯を磨きましょう。

自分磨きの目的は、食後などのタイミングで赤ちゃん自身が自らの歯を磨くことで、歯ブラシの感覚や習慣を身につけることです。仕上げ磨きの目的は、赤ちゃんが上手く磨けなかった部分をカバーすることです。

大人の手で歯垢や汚れをきれいに落としてあげましょう。乳歯が生え始めた頃から9歳頃までは、仕上げ磨きが必要とされています。

仕上げ磨きをするときは、利き手と反対の人差し指で赤ちゃんの上唇を上向きに持ち上げるようにして押さえてあげると、歯が良く見えて磨きやすいです。歯ブラシは、1mm程度の振り幅で優しく磨いてあげましょう。

▼こちらの記事もおすすめです

乳歯の歯磨き、どうして早めに始めるの?

乳歯は、虫歯になりやすい!

永久歯と比べて、乳歯は虫歯になりやすいこと、知っていましたか?

そして、虫歯になるペースがとても早いので、一度虫歯になってしまったら「あっという間に虫歯だらけ!」なんてこともあるんです。痛みも感じにくいので、虫歯になったことに気付かないまま、進行してしまうんですよ。

乳歯の虫歯は、永久歯にも影響する!

乳歯が虫歯になってしまうと、口の中の虫歯菌がどんどん増えていき、永久歯が生えてきたあとも虫歯になりやすくなってしまうんです。

虫歯になってしまった乳歯を早いうちに抜いてしまうと、永久歯が生えるスペースが狭くなって、歯並びを悪くする原因にもなります。

歯磨きをする習慣が自然と身に付く!

歯が生え始めた頃から歯磨きをすることで、日常的な習慣が自然と身につきます。

赤ちゃん用の乳歯ブラシを持たせて、歯固めのような感覚で早いうちから慣れさせていくのもおすすめですよ。

乳歯の歯磨きに最適な歯ブラシの選び方

歯ブラシは、ヘッドの大きさやブラシの柔らかさ、握りやすさなど様々な基準がありますが、乳歯用の歯ブラシは、赤ちゃんの月齢や用途によって使い分けることが大切です。月齢や用途に合った歯ブラシを、ポイントを踏まえてご紹介していきます。

乳歯ブラシ(生後6ヶ月頃〜)

歯磨きデビューしたての生後6ヶ月頃からの赤ちゃんにおすすめです。

乳歯が生え始めた頃から使える、柔らかい素材の両面ブラシになっています。ブラシの向きを気にすることなく、歯ブラシをくわえる感覚が自然と身につきます。

スポンサーリンク

赤ちゃんでも持ちやすいようにグリップが付いていて、万が一のどを突いてしまわないように安全プレートも装着出来るタイプです。

乳歯ブラシ(生後8ヶ月頃〜)

前歯が揃い始める生後8ヶ月頃になったら、より歯ブラシに近いタイプの乳歯ブラシに切り替えましょう。

柔らかい素材や安全プレートなど、基本的な機能は歯ブラシデビューをした頃の乳歯ブラシと変わりませんが、ブラシが片面になり長さも少し長くなっています。より、本格的な歯ブラシを体感できます。

仕上げ磨き用歯ブラシ(生後6ヶ月頃〜)

乳歯が生え始める生後6ヶ月頃から使うことが出来る、仕上げ磨き用の歯ブラシです。

ブラシは小さめで、柔らかく、短い極細毛となっているので、細かな汚れや隙間の歯垢も取れやすい仕組みになっています。カーブネックになっていて、持ち手もすべりにくくなっているので、しっかりと磨くことができます。

▼こちらの記事もおすすめです

まとめ

いかがだったでしょうか?

乳歯の歯磨きは、赤ちゃんの歯並びや永久歯になってからの虫歯にも関わってくるんです。早いうちから磨く習慣をつけて、キレイな歯を保ってあげましょう!

是非、参考にしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク