離乳食はいつから始めるの?準備する物や便利グッズをご紹介

赤ちゃんは生まれてすぐ、ママのおっぱいや哺乳瓶を吸って、本能的に母乳やミルクを飲むことができます。
栄養たっぷりの母乳やミルクを飲んで、どんどん大きくなっていく我が子ですが、いつまでも母乳やミルクで大きくなるわけではないですよね。

赤ちゃんの身体も大きくなるにつれて、母乳やミルクの栄養だけではどうしても足りなくなってきます。
そのため、離乳食が必要になってくるというわけです。

この記事では、いつから離乳食を始めたらいいのか、また、始めるにあたって用意しておくと便利なグッズなどをご紹介します。
ぜひ参考になさってくださいね。

スポンサーリンク

初めての離乳食。いつから始めるの?準備する物は?

出産も育児も初めてだらけで、離乳食と聞いてもいつから始めればいいのか、どのような離乳食グッズを準備すればいいのか、悩みますよね。

生後5か月から6ヵ月ごろには消化機能も発達して、母乳やミルク以外の物も食べられるようになってきています。母乳やミルクを飲むことから、食べ物を噛んで飲み込むことに慣れるための練習の食事が、離乳食です。

首もしっかり座って、大人の食事を食べたそうにする様子なども見られたら、食に興味を持ち始めたサインです。
赤ちゃんの体調がいい日を選んで、食後に何か体調の変化があっても病院に行けるよう、午前中の時間帯に離乳食を始めてみましょう。

初めのひと口は、10倍粥をすりつぶしたものがおすすめです。いきなり、大人と同じ食事とはいきません。
食材をすりつぶしたり、裏ごししたドロドロ状のものから始めていきます。

次に、離乳食作りに必要なグッズを紹介しますね。

小鍋

大人の食事のように大量に調理するわけではないので、片手鍋やミルクパンのような小さめのサイズのお鍋を用意しましょう。フタつきのものがいいですね。
おかゆを作ったり、ゆでる、煮るの調理をするのに使い勝手がいいです。

こし網や茶こし

離乳食をはじめたばかりの食事は、やわらかく煮た食材をこし網で裏ごしをして、ペースト状にする必要があります。
茶こしも同様に使えますし、取っただしをこしたりするのに便利です。

小さめのザル

茹で上がった食材をあげるのに使います。
ラーメン用の湯切りザルや取っ手付きの小さなものが便利です。

すり鉢・すりこぎ

少量をすりつぶすので、すり鉢は大きいと食材も広がってしまって使いにくいです。
小ぶりなものを用意しましょう。

おろし器

やわらかく煮た食材をすりおろしたり、お麩や高野豆腐などの乾物をすりおろしたりするのに使います。

離乳食食器やエプロン

赤ちゃんにもスプーンの好みがあるようで、食べるのが嫌なのかなと思っていたら、口に入ってくるスプーンの形や感触が嫌だった、という場合があります。

まさに、私の息子がそうでした。
ステンレス製の物を使っていましたが、ヒヤッとするのが苦手だったのか、シリコン製のスプーンにすると食べてくれました。
もちろん、逆のパターンの子もいるでしょうから、お気に入りを見つけてあげましょうね。

エプロンも、お袖から通すスモックのようなタイプや、スタイのようなタイプのものなどがあります。
素材もさまざまで、可愛い柄でデザイン性に優れているものもあります。

SmartAngel)カンガルースタイる ポケットエプロン[ベビーエプロン 赤ちゃん エプロン 食事エプロン 食事用エプロン ベビー 子供 食事 離乳食 ベビーグッズ]【セール】

実際使っていたのはこちらのシンプルなものですが、洗いやすくたたんでコンパクトになること、持ち運びもかさばらない点で選びました。

▼こちらの記事もおすすめです

あったら便利!離乳食グッズ3選

ここからは、あったら便利な離乳食グッズを紹介します。

離乳食調理セット

100均などでも必要な道具は買いそろえられますが、離乳食専用の使いやすい調理グッズがセットになっているものを購入すると便利ですよ。

ママ割メンバーエントリーで更にポイント5倍 リッチェル 調理器セット E ベビー食器 調理セット 離乳食 リッチェル Richell 室内・セーフティーグッズ ベビー食器

こちら、離乳食作りに必要な一通りの調理器具の他に、レシピ本や作ったものを冷凍できる小分け容器もついています。
また、ごはんからおかゆを電子レンジで作れる、なんとも便利なグッズも入っています。
お鍋で生米からコトコト炊くおかゆはとってもおいしいですが、電子レンジですぐ調理できるので、忙しいママには時短でうれしいですね。

スポンサーリンク

ハンドブレンダー

離乳食を作るのも、食べきりで少量作るのであれば手作業で事足りるのですが、多めに作って冷凍をしておきたい場合なんかは、ハンドブレンダーを活用するとちゃちゃっと作れてしまいます。
時間もかからないので、なんて便利なんだろうと思うこと間違いなしです。

離乳食作りだけでなく、ポタージュやスムージーなども作れるので、ご家庭に1本あるととっても便利ですね。

冷凍小分けグッズ

多めに作った離乳食は、冷凍保存ができます。
使いたいときに使いたい分を取り出せるので、そのときの赤ちゃんの食べる量にも対応ができます。

私は家にあった製氷器を使っていたのですが、離乳食専用の冷凍小分けグッズもさまざまなものが販売されています。

製氷器は、バキバキっと力を入れて氷を取り出すように力を入れないとおかゆなんかも出てこないのですが、こちらは冷凍した食材もつるっと取り出せるようです。
製氷器にラップをかけて冷凍保存していましたが、トレーにフタがついているのでいちいちラップを用意しなくていいので便利です。しかも、ラップのように浮いて外れることもなさそうで衛生的ですよね。

▼こちらの記事もおすすめです

まとめ

離乳食に関係する便利なグッズはたくさん販売されています。
ネットで購入するのもいいですし、実際にお店に足を運んで手に取ってみるとサイズ感なんかもわかりますよね。
離乳食を始める5か月を目安に、徐々にそろえていきましょう。

 

スポンサーリンク