赤ちゃんの便秘は離乳食のせいかも?考えられる2つの原因と解消法

これまで母乳やミルクだけだった赤ちゃんが、離乳食をスタートさせたらうんちの回数が減った、うんちが固くなった、など「これって便秘かな?」と思うようなことがあったりしませんか?

ありますよね。
今まで1日何回もうんちをしていたのに、急に回数が減ったり固くなったりすると心配になりますよね。

「これって離乳食が原因なのかな?」
「便秘解消の良い方法があれば知りたい!」

そう思うママも多いと思います。
そこで今回は、離乳食を始めてからの便秘の原因やその解消法について、詳しくご紹介いたします。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

離乳食を始めてからの便秘の原因は水分や食物繊維不足だった

そもそも、便秘とはどのような状態になった時のことをいうのでしょうか。
便秘の主な症状には、

  • 便が3日以上でない。
  • 食欲がない
  • 食べても嘔吐してしまう。
  • ぐずったり泣いたりして機嫌が悪い
  • お腹が張っている
  • 排便時に顔を真っ赤にしたりいきんだりしている

などがあげられます。

ちなみにですが、私が自分の子供の便秘に気づいたのが「ぐずったり泣いたりして機嫌が悪い」でした。
当時0歳でしたが、「今日はよく泣くし機嫌が悪いな…」というのが最初でした。

まさか便秘だとはすぐには気づいてあげられず、ふとしたときに、「あれ、そういやうんちしてないかも」と思い、おむつを外しておしりを見ると、肛門が少し開いており、うんちがつかえているのが見えて、初めて便秘で苦しかったんだと気づいたことがあります。

さて話を戻しまして、一般的に離乳食を始めたばかりの離乳食初期の時期の赤ちゃんは、便秘になりやすいと言われています。

それは、離乳食を始めたことで今まで母乳やミルクばかりだったものが、水分以外の固形物を摂取するようになったことで便が固くなることや、単純に飲む母乳やミルクの量が減るので、便の水分量が少なくなってしまうことが原因だったりします。

また、離乳食に慣れてきた中期や後期以降でも、食べる量が減ったり食物繊維が不足することで、便秘を引き起こすことがあります。
食べる量が少ないと、便の材料になるものも少なくなってしまい便秘になってしまうのです。

水分や食物繊維不足以外にも、生活リズムが不規則だと排便リズムに影響してしまい便秘になってしまうこともあります。離乳食を月齢に合わせた規則正しい時間にあげるように心がけることも、大切です。

▼こちらの記事もおすすめです

赤ちゃんの便秘解消にはコレがおすすめ!栄養士ママ実践の解消法

では、便秘を解消してあげるためにママが実践できるオススメの方法について、ご紹介いたします。

水分を十分に与える

普段以上に水分をこまめに与えるよう、意識してあげましょう。
ミルクや母乳以外にも、湯冷ましや麦茶、果汁など赤ちゃんの好みのものを上げても良いですね。

飲み物で十分に水分が取れないときは、離乳食に汁物をプラスしたり、お粥の水分を多くしたりしてみるのもオススメです。

離乳食に便秘解消に効果のある食材を取り入れる

赤ちゃんが食べやすい、バナナやりんご、みかん、さつまいもなどに含まれる食物繊維には便をやわらかくする働きがあるので、これらを離乳食の時に食べさせてあげるといいでしょう。
また、じゃがいもやかぼちゃに含まれる食物繊維には便のカサを増やして腸を刺激し排便を促してくれる働きがあるので、これらの食材を取り入れてみるのもおすすめです。

食物繊維以外にも、ヨーグルトや納豆などの発酵食品には腸内の善玉菌を増やして腸の動きを活性化させてくれる働きがあるので、これらの食材を離乳食に取り入れてみるのもいいですね。

お腹をやさしくマッサージをしてみる

赤ちゃんのお腹に手のひらをあてて、「の」の字を書くイメージで、やさしくなでるようにくるくるとマッサージしてあげてください。
腸に刺激を与え、排便を促す効果があります。

スポンサーリンク

ベビーオイルと綿棒で肛門を刺激してみる

綿棒にベビーオイルをつけて、肛門を直接刺激するという方法もあります。肛門に刺激を与えてあげることで、便意を催し排便を促す効果がありますよ。

ベビーオイルがなければ、オリーブオイルで代用していただいても構いません。肛門に綿棒の先を少しだけ入れて、やさしくくるくると刺激してあげましょう。
あまり深く突っ込みすぎないよう注意してくださいね。

肛門に綿棒を突っ込むのが怖いママは、肛門まわりをやさしく刺激してあげるだけでもOKです。

▼こちらの記事もおすすめです

まとめ

いかがでしたか?
今回は、赤ちゃんが離乳食を始めてから便秘になる原因や、その解消法について詳しくご紹介させていただきました。

ただし、赤ちゃんの便秘には離乳食が原因であること以外にも、腸閉塞など病気が原因で便秘を引き起こしている可能性もあります。少しでも不安を感じる場合は、小児科を受診することもおすすめします。

便秘は、一見外から見ただけでは分かりにくいですよね。
赤ちゃんは言葉を話すことができないので、少しの変化をママが汲み取ってあげることが大切ですね。

 

スポンサーリンク