離乳食っていつからいつまで?スタート時期と完了時期の目安

こんにちは!栄養士ママのきいママです。今までは大人の分の食事だけを作っていましたが、離乳食が始まると、赤ちゃんの分を別で作るようになります。

それもまた楽しいのですが、ちょっと面倒なときもありますよね…。

そんなときに考えるのが、「離乳食の期間ってどれくらいなんだろう?」ということ。この記事では、赤ちゃんの離乳食のスタートと完了の目安をまとめましたので、参考にしてください。 

スポンサーリンク

離乳食のスタート時期と完了時期

離乳食の期間は赤ちゃんによって様々ですが、大体5、6か月頃~1歳半ごろまでをいいます。スタートと完了の目安を順番にみてみましょう。

スタートの目安

5、6ヶ月頃。首がしっかりと座っていて、支えがあれば座ることができる必要があります。身体を起こした姿勢でないと、食べ物をうまく飲み込むことができません。

また、パパママが食べている食事に手を伸ばしたり、食べている様子を見てよだれを垂らすなど、食べ物に興味を示していれば、スムーズに始められます。

完了の目安

1歳から1歳半頃。1日3回の食事に加えて間食として補食を2回取れていて、栄養のほどんどを食べ物から摂取していることがポイントです。食べ物を噛んで潰して、飲み込むことができるようになっているということも大切です。 

離乳食の完了というと、ミルクをやめることだと思ってしまいそうですが、実はそうではないんですね。母乳やミルクを飲んでいても、ごはんをしっかり食べていれば離乳食は完了といえます。

授乳は赤ちゃんの心の安定に繋がるので、無理にやめなくても大丈夫ですよ。 

離乳食が完了したといっても、大人と同じものを食べるのはまだまだ先です。消化機能は未発達ですし、生ものもお腹を壊すリスクもあります。大人と同じものを食べさせたい場合は、辛いものや硬いものは避け、味も薄味を基本にしましょう。

うちのパパは濃い味&辛いもの好きですが、「娘のために~」というと、薄味でも納得してくれました。どうしても濃くしたい場合は、自分だけ後から調味料をかけてもらっています(笑)

パパママの食事を薄味にすることは、自分たちの今後の健康にも繋がります。おうちの味付けを見直すきっかけにしてみてもいいかもしれませんね。 

▼こちらの記事もおすすめです

そもそも離乳食はなぜ必要なのか

色々と手間のかかる離乳食。赤ちゃんがミルクから食事へステップアップするために必要なことだと分かっていても、「大変…」と心が折れそうになるときもあります。特にせっかく作ったものを食べてくれないときは、もう心が折れています(笑)

ここからはママのモチベーションをあげるためにも、なぜ離乳食が赤ちゃんのために必要なのかを具体的にお伝えしていきます。 

1.栄養を補うため

身体が大きくなり動きも活発になると、ミルクだけでは足りなくなってきます。ごはんや野菜、魚などから栄養を取る方が効率的なので、月齢に合わせて食事量を増やしていく必要があります。 

2.消化機能を発達させる

はじめはミルクや母乳といった液体だけを飲んでいた赤ちゃんですが、離乳食になると少しずつ固形のものも食べるようになります。液体からいきなり固形のものを食べると、消化ができず栄養がうまく吸収できないということが起こります。

便にそのままの形で出てきてしまっていることがありますよね。液体から固形へ徐々に進めていくことで、消化機能を発達させていきます。 

3.食べる練習

ミルクを飲むことしか知らない赤ちゃんは、離乳食の期間で食べ物を口の奥に運んで飲み込むことを練習します。また、食べ物をのどに詰まらせないように、一口の大きさを知ることがとても大切です。

慣れないうちは、口いっぱいに詰め込んでしまいますが、段々と調整できるようになってきます。うちの子も最初は口に詰め込みすぎて、オエッとなっていましたが、1歳になるころにはだいぶ少なくなってきました。 

スポンサーリンク

4.食べる意欲を育て、自立を促す

はじめはママからスプーンで食べさせてもらいますが、後期になると、自分で手づかみをして食べるようになります。食べ物を待っているだけの状態から、自分で食べられるようになると食べる意欲がどんどん増していきます。

自分でできるということが嬉しく、自信になり、赤ちゃんの自立へと繋がります。 

こうしてみると、改めて「離乳食って大切なんだな…」と感じます。機能的な部分だけでなく、心の発達にも影響があるなんて驚きですよね。ママは少し大変ですが、赤ちゃんの成長のためにはとても大事な期間ということが分かりましたね。 

▼こちらの記事もおすすめです

まとめ

離乳食の時期は大体5、6ヵ月頃から1歳~1歳半の間。赤ちゃんの今後の成長に関わる大切な期間です。離乳食が完了しても、すぐに大人と同じものは食べられません。

大人の食事を子供に合わせるようなイメージで、味付けなどを調整してみてください。長いようであっという間の離乳食です。ママも一緒に「食べること」を楽しみながら進めていけるといいですね。

 

スポンサーリンク