卵アレルギーだとインフルエンザ予防接種は要注意?接種できない?

卵アレルギーがあると、インフルエンザの予防接種ができないことがあると聞いたことがありませんか?
でも、卵アレルギーとどうして関係があるの?卵アレルギーならみんなできないの?と気になりますよね。

私は息子が1歳半の頃、卵の除去をしていた時期にそれを聞き、食べ物のアレルギーと関係あるのか~と少し驚き、うちもできないのかな?と心配しました。

どうして卵アレルギーがあるとインフルエンザ予防接種に注意が必要と言われるのか、はたして本当にインフルエンザの予防接種は受けることができないのか、この記事ではその疑問にせまります。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

卵アレルギーだとインフルエンザ予防接種が受けられないってほんと?

卵アレルギーがあるとインフルエンザ予防接種ができないかもしれないと言われる理由は、ワクチンに卵の成分が含まれているからです。
卵や卵の加工品を食べないようにしていると、接種しても大丈夫なの?と気になるところですよね。

結論から言うと、ほとんどの場合、卵アレルギーがあってもインフルエンザ予防接種は受けることができます!
そう、安心してください。接種できるんです。

たしかに昔は、卵が使われているから注意が必要という意見も多かったようです。
でも現在は、ワクチンが高度に精製されていることと、ワクチンに含まれている卵のアレルギー成分(卵白アルブミン)がごく微量であることから、重篤な卵アレルギーがある人以外は、接種可能という考え方が一般的です。

とはいえ、卵アレルギーであることは、病院に必ず伝えてくださいね。

予防接種の問診表にも、アレルギーについて記入する欄があります。
もれなく、記入するようにしましょうね。

やっぱり注意が必要な「重篤なアレルギー」の程度ってどのくらい?

卵を食べてアナフィラキシーになったことがある人や、血液検査でラストクラス5以上の人は、やはり要注意です。その旨を伝え、相談してください。
接種を見送った方がいいと判断されることもあります。

海外のインフルエンザワクチンについて

「卵アレルギーがあっても、重篤な場合以外は接種可能」。これはインフルエンザワクチンに対する欧米諸国も共通の認識です。

ただ、ワクチンに含まれる卵アレルギー成分(卵白アルブミン)の量は、日本に比べて欧米は格段に多いんです。
もしも海外でインフルエンザ予防接種をすることがある場合は、日本よりも慎重になった方がよさそうです。

アメリカでは、予防接種前に卵アレルギーであるかの確認も不要という流れになりつつあるほど、安全であることが定着してきていますが、もしも心配があれば確認するに越したことはないですよね。

インフルエンザ予防接種、おすすめの時間帯と避けるべき時期

卵アレルギーのある子供にインフルエンザ予防接種をする場合、大丈夫と言われてもちょっと心配に思うことがあるかもしれません。
そんな時は、離乳食で初めての食材を与える時と同じように、可能であれば平日の午前中などに予約を取ると安心かもしれませんね。

余談ですが、私は卵アレルギーの息子に初めてのインフルエンザの予防接種をしようとした時、迷いすぎてタイミングを逃し、年末がギリギリに差し迫ってしまってから病院に相談したことがありました。

ワクチンの効果としての推奨時期も逃してしまったし、初めての接種が年末休み直前というのはあまりお勧めできないから念のためやめておこう、とお断りされた苦い思い出があります()
接種するなら、余裕をもっていいタイミングにできるようにセッティングしてあげてくださいね。

気になる!ワクチンに卵成分が含まれる予防接種って他にもあるの?

インフルエンザワクチンと同様に、卵アレルギーの原因となる成分(卵白アルブミン)が含まれる予防接種は、他にもあります。

  • 麻しんワクチン(MR:麻しん風しんの混合ワクチンとして接種)
  • ムンプスワクチン(おたふく)
  • 黄熱ワクチン(海外渡航などで必要になった場合のみ接種)

ただ、これらはインフルエンザワクチンに含まれる卵白アルブミンよりももっと少量のため、卵アレルギーだからといって接種ができないものではありません。
重篤なアレルギーでなければ、安心して接種してくださいね。

スポンサーリンク

予防接種以外の注射で卵成分が含まれるものもある?

具体的には、「卵黄レシチン」や「リゾチーム」など、卵の成分を含んだ注射製剤があります。
日常的には心配ないことかもしれませんが、卵黄レシチンを含んだ製剤を使って全身麻酔をしたところ、アナフィラキシーショックを起こした海外の事例があります。

これらの製剤には、「成分に鶏卵が含まれる」というような、特別な注意事項が記載されていないこともあるようなので、卵アレルギーがある場合はその旨をこちらから病院側に伝える努力も必要ですね。

特に普段と違った病院にかかる時、緊急時などは注意が必要です。

程度によらず、卵アレルギーがある場合は、かかる病院や薬局で卵アレルギーがあること、アレルギーの程度(ラストクラスなど)も必ず伝えるようにすると安心ですね。
我が家は、保険証の裏やお薬手帳に書いていましたよ。

卵の成分を含む薬にも注意!

卵白の成分「リゾチーム」が入った風邪薬があります。調剤薬局で処方されたり、市販されたり、ごく身近にあるものなので注意が必要です。
子供用のシロップに含まれることもあるので、ぜひ覚えておいてくださいね。

こちらもあわせて読んでみてくださいね。↓

まとめ

卵アレルギーがあっても、ほとんどの場合はインフルエンザの予防接種は問題なくできそうですね。
とは言っても、卵アレルギーがあることや、その程度を把握することは大切です。

さらに病院や薬局に確実に伝えることができると、安心なのではないでしょうか。
ぜひ、この記事も参考になさってくださいね。

 

スポンサーリンク