離乳食の遊び食べに悩むママ必見!おすすめの対策法5つ

離乳食をスタートさせた赤ちゃんをお持ちのママは、毎日の家事、育児に加えて、離乳食作りから食事のお世話まで、目まぐるしい日々を送っていることと思います。

離乳食を進めていく中で、赤ちゃんがお皿の中身をぐちゃぐちゃ手でこねまわしたり、スプーンを食器やテーブルに叩きつけて音をたてたり、食事の途中で歩き回ったり…と食事中に遊んでしまって、なかなか食事が進まない!なんていうことはありませんか?

これらは書いて字のごとく「遊び食べ」と呼ばれるのですが、

「これまで大人しく食べていたのになんで??」
「食事がなかなか進まず、いつまでも片付かない!」
「せっかく作っても遊んでばかりで食べてくれないとイライラしちゃう!」

と、この遊び食べに悩まされているママも多いのではないでしょうか?

わかります。時々ならまだしも、毎日がこんな調子じゃママもストレスが溜まっちゃいますよね。
そこで今回は、この遊び食べのお悩みについて、具体的な対策を詳しくご紹介していきたいと思います!
ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

赤ちゃんの遊び食べ対策に効果的な5つの対策

そもそも赤ちゃんは、なぜ遊び食べをするのでしょう。
それは、赤ちゃんがだんだん周りの事に興味が芽生え、自発性が生まれることによる「成長のしるし」なんです。

赤ちゃんは、興味のあるものに対して触ったり、叩いたりすることでその感触を確かめているのです。
つまり、遊び食べは赤ちゃんが自分の好奇心を満たすための行動であり、成長過程の1つなんですね。

とはいえ毎日の事となると、ママも我慢するばかりでは大変です。
そんなママのために、遊び食べに効果的な対策を5つご紹介いたします。

遊び食べ対策その①食事のリズムをつけましょう。

食事の時間を毎日だいたい同じ時間になるよう、意識してみましょう。
食事の時間を同じにしてあげることで、赤ちゃんにも遊びの時間と食事の時間のメリハリがつきやすくなります。また、お腹が空くタイミングもつかみやすくなりますよ。

赤ちゃんやママの都合で毎日同じ時間にというのは難しいと思う方もいるかもしれませんが、今後の生活リズムをつけていくためにも、少しずつでいいので挑戦してみましょう。

遊び食べ対策その②汚れてもいい対策をする

遊び食べを止めさすのではなく、思う存分赤ちゃんの好奇心を満たしてあげられるよう、汚れてもいい対策を行います。片付けがラクになれば、ママのストレスも軽減されます。

具体的には、

  • ナイロン製のエプロンやスモッグを使う。
  • ひっくり返りにくい食器を使う。
  • 床にレジャーシートや新聞紙を敷く

遊び食べ対策その③手づかみしやすいメニューを取り入れる

赤ちゃんの自発性を促すような、手づかみできるメニューを取り入れてみましょう。
野菜スティックや、一口サイズに丸めたおにぎりやハンバーグ、つかみやすいパンやおやきなど、赤ちゃんが手に持ちやすいものを作ってあげましょう。

自分でつかんで口へ運ぶという行為が赤ちゃんにとってはとても楽しいと感じれば、食事もパクパク進みます。

遊び食べ対策その④離乳食の硬さや大きさを調節する

離乳食の形状や硬さが、実は今の赤ちゃんに合っていないことが、食事に興味がわかず他へ関心を向けてしまう原因かもしれません。
離乳食の硬さや大きさをひとつ前の段階に戻してみると、また食べ出すという子も多いようです。

逆に、ひとつ次の段階に進めて様子をみるのもおすすめです。
歯が生えてきたりあごが発達してくることによって、柔らかすぎたり細かすぎるものだと食べにくいと感じて嫌がることもあるようです。

段階を進めるときにはママが様子をよく見ながら進めることが大切ですが、意外に上手にパクパク食べてくれることも多いみたいですよ。

遊び食べ対策その⑤たくさん遊ばせて疲れさせる

遊び食べをしてしまう原因のひとつに、「あまりお腹が空いていない」というシンプルなものがあります。
赤ちゃんが成長するにつれて、今までと同じような遊び方では赤ちゃんにとっては全然足りなくなってきているということもあります。

スポンサーリンク

広い公園でおもいっきり遊ばせたり、自転車や車で行っていた買い物を歩いて行ってみるなど、今まで以上に運動量が増えるような工夫をしてみましょう。
たくさん動けばお腹も空くので、パクパク食べてくれるようになりますよ。

離乳食の食事時間はどれくらい?

遊び食べをしていてなかなか食事が進まない時も、少しでも食べてほしいからといつまでも食事に時間をかけてしまっていませんか?
そんな時は、思い切って食事を切り上げてしまうのもひとつの方法です。

赤ちゃんの集中力はせいぜい5分~10分程度だと言われており、大人と比べると短いものです。
なので、1回の離乳食にかける時間の目安は15分くらいだと言われています。

赤ちゃんが遊んでしまってこれ以上食事が進まないなとママが感じるときは、15分くらいで切り上げてしまってOKです。長くても30分くらいまでにしましょう。

そうすることで、次の食事までにはお腹が空いて、しっかり食べてくれることもあります。
食事にかかる時間についても意識してみましょう。

まとめ

いかがでしたか?
ママを悩ませる「遊び食べ」も、赤ちゃんにとっては大切な成長の証だったんですね。
赤ちゃんの自発性を応援しながら、ママも赤ちゃん楽しく離乳食を進めていけるといいですね。

 

スポンサーリンク