離乳食のアレルギーが怖いママへ。症状が出やすい食品リスト

こんにちは!栄養士ママのきいママです。離乳食がスタートすると、アレルギーのことが心配になりませんか?私も子供に初めての食べ物を与えるときは「もしアレルギーだったらどうしよう…」と毎回ドキドキしていました。

重い症状になると、命に関わることもあるので、ママが不安になるのは当然ですよね。そんなママのために、この記事では、アレルギーが起こりやすい食材や注意点などを、息子のアレルギー体験談と併せてご紹介します。 

スポンサーリンク

気を付けてほしい食品はこれ!アレルギー品目一覧

アレルギーといえば思いつく食べ物はなんでしょうか?赤ちゃんで卵アレルギーがある子は結構多いですよね。他にも小麦、そば、エビなどもよく聞きます。

食品の中でもアレルギーを起こしやすい食品がいくつかあり、発症数や症状が重くなる可能性などによって「特定原材料」と「特定原材料に準ずる20品目」2つに分けられています。 

  • 特定原材料(7品目)

卵、牛乳、小麦、落花生、えび、かに、そば

ベビーフードやおかしのパッケージに、分かりやすく書いてあるのを見たことがありませんか?これが特定原材料といわれるもので、食物アレルギーを起こしやすく、症状が重くなることが多い食品です。加工食品には「必ず表示をするように」と決められています。 

  • 特定原材料に準ずるもの(20品目)

あわび、いか、いくら、オレンジ、カシューナッツ、キウイ、牛肉、くるみ、ごま、鮭、サバ、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、桃、やまいも、りんご、ゼラチン 

こちらもアレルギーの発症が多い食品です。特定原材料に比べると発症数は少ないのですが、それでも多くの人がアレルギーを起こしています。バナナなどの果物は一見大丈夫そうなので、うっかり食べさせてしまいそうですよね。

加工食品へは「できるだけ表示するように」と決められてますが、表示の義務はありません。この20品目のアレルギーがある場合は、しっかり確認する必要がありますね。 

離乳食期は特に卵、牛乳、小麦での発症が多いので、食べさせるときは慎重に進めてください。アレルギーが起こる可能性が高いといっても、決して食べさせないほうがいいというわけではありません。

それぞれの食品には赤ちゃんの成長に必要な栄養素もたくさん含まれていますので、怖がりすぎないでくださいね。 

家族の中にアレルギー体質の人がいる場合や、アトピー性皮膚炎の赤ちゃんは、アレルギーである可能性が高いです。心配なママは、離乳食が始まる前にアレルギー専門の小児科などで調べてもらうこともできますよ。

事前にアレルギーの有無が分かれば、安心して離乳食をスタートできますね。 

▼こちらの記事もおすすめです

「これってアレルギー!?」うちの息子の体験談

アレルギーには十分気を付けていた私ですが、息子に症状が出たときにすぐに食物アレルギーだと気づくことができませんでした。初めての食材は1さじずつ。1日1種類。これを守っていても、分からないケースが実際にあったんです。

ついこの前起こったばかりの、冷や汗ものの体験をお伝えします。現在、息子は元気です~。幸い重い症状にはならなかったので、安心して読んでくださいね。 

息子が9ヵ月の頃です。夕方、機嫌よくお姉ちゃんと遊んでいたところ、突然ぐずりだしました。「おやつも食べたし、眠いのかな~?」と思い、抱っこをしていると、口の周りにプツプツとじんましんのようなものが。

そのあと1時間ほどで、顔中が真っ赤になりました。

離乳食の後ではなかったので、食物アレルギーだとは考えもしませんでした。「服かカーペットですれたのか、何かにかぶれたかな?」と思っていると、そのまま寝てしまったので様子をみることに。それから1~2時間ほどで赤みはひいていきました。

次の日、病院に電話で相談したら「また同じ症状が出たら来てください。」とのことでした。 

次に症状が出たのは1週間後した。パン、卵、牛乳、バナナでフレンチトーストを作って、上の娘に食べさせているときのこと。食べることが大好きな息子はとっても食べたそうで、もうフレンチトーストのことしか見えていない様子(笑)

「牛乳のアレルギーは無さそうだし、固ゆで卵を1/4食べて大丈夫だったから、あげてもいいや~」と思い、3切ほどあげてみました。

すると、2切食べ終わったあたりで、この前と同じように口のまわりが赤く腫れてきました。「なんで!?」と思っている間に顔中赤くなり、苦しそうにした後、食べたものを吐いてしまいました。

スポンサーリンク

吐いた後は、また1時間ほどで赤みがおさまり機嫌もよくなりましたが、母はとても怖かったです。だって、食べたことのある食材しか使っていないので、原因が分からないんですもん。焦りました。 

そういえば、前に同じ症状が出たときは、お姉ちゃんの食べていた卵ボーロを2、3粒つまみ食いしていました。「これはもしかして生の卵のアレルギーかな?」と。

フレンチトーストだと、固ゆでの卵ほど火が通りきっていない場合がありますし、卵ボーロもそういった場合にアレルギー反応が出るケースが多いんです。 

次の日にかかりつけの病院に行って相談すると、先生も「状況からみておそらく卵だろう」という判断でした。「固ゆでの卵が大丈夫なら引き続き食べさせてあげて。

卵の成分が加熱しきれてなくて症状がでたということでほぼ間違いないから、特に検査もしなくていいよ。」と言われました。

「ええ!検査しなくていいの!?」とツッコミみそうでしたが…。家に帰って主人と相談した結果、また同じことが起こると怖いので、近々アレルギー専門病院で検査を受ける予定です。 

息子のようなかたちで、アレルギーが判明するケースもあるんですね。離乳食であえて生卵を食べさせることは無いし、お姉ちゃんにアレルギーが無かったので、すっかり油断していました。

「ゆで卵は大丈夫だけど、他の卵料理や卵ボーロで症状が出る」という場合は、息子と同じタイプの卵アレルギーが考えられます。 

▼こちらの記事もおすすめです

まとめ

アレルギーが起こりやすい食品はたくさんありますが、避けて食べさせないのはNGです。必要な栄養素を摂取できず、成長に影響がでることもあります。

0~1歳の赤ちゃんの10人に1人は何かしらのアレルギーをもっています。成長とともに食べられるようになっていくことが多いので、心配しすぎなくても大丈夫。

もし症状が出ても自己判断はせず、お医者さんとしっかり相談して今後の進め方を決めましょう。

 

スポンサーリンク