1歳の誕生日。離乳食の赤ちゃんが食べられるケーキ3選!

こんにちは!栄養士ママのきいママです。赤ちゃんの1歳の誕生日が近づいてくると、どうやってお祝いをしようか考えますよね。はじめての誕生日、盛大にお祝いしてあげるにはプレゼントとケーキ!

でも、ケーキって赤ちゃんに食べさせてもいいのでしょうか?そこで、1歳の誕生日にケーキをあげてもいいのか。どんなケーキなら大丈夫なのかをまとめました。 

スポンサーリンク

大人と同じケーキは大丈夫?1歳でも食べられるケーキはこれ

ケーキって美味しいですよね~。誕生日にバースデーケーキを用意すれば、赤ちゃんもきっと喜んでくれるはず!と思いがちですが、実はあの生クリームや砂糖の甘さが赤ちゃんには大きな負担になってしまうんです。

生クリームってすごくクリーミーですよね。あれは、脂肪分が多く含まれているからです。この脂肪分、消化に時間がかかるので、発達途中の赤ちゃんの胃腸に負担がかかってしまいます。結果、具合が悪くなったり、嘔吐や下痢になったりする場合も。

また、クリームやスポンジには砂糖がたくさん使われています。赤ちゃんの味覚は大人の3倍も強く味を感じます。甘い味に慣れてしまうと、他のものを食べなくなることも。

習慣化すると将来生活習慣病につながる可能性があるので、食べさせるのはよく考えてからにしましょう。1歳の誕生日ケーキを用意するには3つの方法があります。 

1、全部手作りをする

生地を作る

  • ホットケーキミックスを使って。
    アレルギーがなければ普通のもので大丈夫ですが、子供用のものも売っています。
  • 食パンを使って食パンを丸く型抜きするとケーキっぽくなります。
    型が無ければ、四角いままでも大丈夫です。

 ヨーグルトクリームを作る

水切りヨーグルトがおすすめ。市販のプレーンヨーグルトをキッチンペーパーで包んで、ザルに乗せて冷蔵庫へ1日おけば水分が落ちて、クリームっぽい感じになりますよ。

生地にヨーグルトを薄く塗り、好きな果物を挟む。上に果物をのせて完成です! 

これは長女が1歳の時の誕生日ケーキです。ホットケーキを小さめに焼いて、ヨーグルトと果物で飾り付けしています。ろうそくとプレートでかなりごまかしています(笑) 

赤ちゃん用ボーロやクッキーを使うともっとかわいらしくなりますよ~。サンタクロースやツリーのオーナメントを飾れば、クリスマスケーキにも応用できます。 

2.手作りキットを使う

「1歳からのケーキセット」 

ピジョン 1才からのレンジでケーキセット

ピジョン

 脂肪分多めで、無添加というわけではありませんが、頻繁に食べるのではないのでこれくらいなら気にしなくてもいいかと。普段お菓子作りをしない人でも簡単に作れます。うちでは弟くんの1歳の誕生日に、パパと3歳のお姉ちゃんで作ってくれました。

飾り付けは全部お姉ちゃん。ちょっとクリームがゆるいので、生クリームのようにはいきませんが、それでもなんとかケーキっぽくなりました。30分くらいで作れたので、小さい子でも最後まで楽しくお手伝いできましたよ。 

3.1歳からのケーキを販売しているお店で買う

赤ちゃん用ケーキを売っているお店で購入する方法もあります。近くにお店が無い場合、通販もありました。 

CAKE.JP

「ポタジエ」

スポンサーリンク

これが一番楽でインスタ映えもしそうですが、値段が高いのが難点ですね。

▼こちらの記事もおすすめです

 ところで、大人と同じケーキはいつから?

離乳食が完了する1歳半頃には大人と同じものが食べられる、ということにはなりますが、実際はもう少ししてから食べさせたママが多いです。私の周りでも、「2歳を過ぎてから初めて食べさせた」という話をよく聞きます。

はじめにも書いた通り、ケーキは脂肪分と糖類がたくさん。頻繁に食べるものではないけど、無理に早く食べさせるのは避けたいところです。

ケーキの種類によっては少し早く食べられるものもあるかもしれません。

うちの娘の場合、2歳のお誕生日は甘さ控えめのチーズケーキで、3歳の誕生日は普通の生クリームのケーキでした。来年はアンパンマンのケーキ、というリクエストをもらっています(笑) 

▼こちらの記事もおすすめです

まとめ

赤ちゃんのはじめての誕生日に大人と同じケーキは少し早いかもしれません。脂肪分や砂糖が多く含まれているので、1歳の赤ちゃんには負担になってしまう可能性があります。

1歳でも食べられるケーキは案外手軽に作れます。この機会に、ぜひ挑戦してみてください。

ママの愛情たっぷりのケーキにきっと赤ちゃんは大喜びしてくれるはず。お子さんの1歳のお誕生日おめでとうございます!素敵な誕生日になることを願っています。

 

スポンサーリンク